オープンソース掲示板システム CommentPP 1.3のダウンロード

STAP(スタップ)細胞は、細胞に弱酸性の液体で刺激を与えただけで作製できる新たな万能細胞で、理研発生・再生科学総合研究センター(神戸市)の小保方晴子(おぼかたはるこ)ユニットリーダーらが開発した。

STAPとは「刺激惹起(じゃっき)性多能性獲得(Stimulus―Triggered Acquisition of Pluripotency)」の略称。

「万能細胞」としてはノーベル賞を受賞した山中伸弥教授が開発した「iPS細胞」が知られているが、「iPS細胞」は遺伝子を入れて作ることなどから、がんになるおそれがあると言われている。

今のところこの(刺激で万能細胞に変わる)現象が確認されているのは生まれてまもないマウスの細胞を使った場合だけだが、人間の細胞でも可能になれば、若返りや不老不死の実現も夢ではなくなる。

STAP細胞―どんな細胞にもなれる万能細胞の作成に成功 理研・小保方晴子さんら
http://www.huffingtonpost.jp/2014/01/29/stap-cells_n_4690922.html
[26] Posted by 名無しさん at 2014-01-31 11:25:41 | 削除依頼

コメント一覧

コメントを投稿する


名前: