オープンソース掲示板システム CommentPP 1.3のダウンロード



4月からの増税の影響で売り上げが落ち込む中、セブン&アイ・ホールディングスのコンビニチェーンであるセブン・イレブンは積極出店を続け、収益をけん引している。特に「セブンカフェ」の名称で提供するコーヒー販売が好調だ。海外メディアは売り上げけん引の主力である、セブン・イレブンのコーヒーについて報じている。

【コンビニのコーヒーがけん引力に】
ウォール・ストリート・ジャーナル紙(以下、ウォール紙)によると、セブン&アイが1年以上前にコンビニエンスストアにコーヒー自動販売機を設置して以来、累計販売数は5億杯弱にもなる。村田社長は、「皆に親しまれる価格帯で挽きたてのコーヒーを提供することで、売り上げ利益を押し上げた」と語る。

米で、大手スターバックスに対抗して低価格コーヒーを投入するマクドナルドやダンキンドーナツの戦略にヒントを得て始めたのが「セブンカフェ」だ。一杯ずつ豆を挽いてドリップするマシンは、現在日本全国1万6,000店舗に設置されているという。

ウォール紙は、東京オフィス街では「セブンカフェ」に行列ができるほどで、一店あたりの一日平均販売数は100杯にもなる、と報じている。金融街の会社員(39)は同紙に、「この質でこの価格なら毎日飲める。ホテルのコーヒーの方がおいしいかもしれないが、スターバックスやドトールよりおいしい」とコメントした。

〈以下略〉

※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/8714704/
[31] Posted by 名無しさん at 2014-04-08 23:00:59 | 削除依頼

コメント一覧

コメントを投稿する


名前: