オープンソース掲示板システム CommentPP 1.3のダウンロード

防衛省は、文官である背広組(内局)が制服組(自衛官)を監督する根拠となってきた防衛省設置法の条文を見直す方針を固めた。同法改正案を、今国会に提出する方針だが、背広組を制服組より優位としてきた「文官統制」の大きな転換となるだけに、国会でも議論を呼びそうだ。
http://www.asahi.com/articles/ASH2R5X1SH2RUTFK00P.html

文官統制:防衛相の中で、戦闘に関わらない事務方:文官を、戦闘に関わる武官よりも優位に置く制度。軍の暴走を防止するための「シビリアン・コントロール」の重要な一角。
いずれも、戦前の軍の暴走への反省から取り入れられた



大臣や首相は文民なんだから、形式上は文民統制にはなってるんじゃないの。大臣や首相が官僚をコントロールできるかが問題ですが。
[67] Posted by 名無しさん at 2015-02-26 23:10:49 | 削除依頼

コメント一覧

1:
事務次官と幕僚長が同列になるのか
Posted by 名無しさん at 2015-02-27 11:48:35 | リプライ | 削除依頼

コメントを投稿する


名前: